新感覚フォルダウェア GLOBAL FOLDER

セキュリティ対策

ソフトウェア面のセキュリティ対策

アクセス制御(認証方式) ベーシック認証の他に、各プロジェクトに対して、クライアント証明書を発行してアクセス制御を行う社製SSL証明書を採用
暗号化 SSL(128bits)による暗号化データの通信機能
フォルダ情報の機密性
(各プロジェクト単位)
  1. ①フォルダ(プロジェクト)毎に権限を設定すれば限定されたメンバー間でファイル共有が可能
  2. ②フォルダに関しては、読取り専用と無制限の2つの制限を選択可能
  3. ③ファイル保護だけでなく、プロジェクトに招待(アクセス権の付与)されてアクセスが可能
バックアップ サーバは2重化(ミラーリング)され、更に1日1回、別サーバにバックアップ
監査ログ 画面やファイルに対するアクセスに対して全てのログの収集

ハードウェア面のセキュリティ対策

セキュリティ
[Security]

採用しているデータセンターは、ISMS適合性評価制度及びPマークを取得済みです。

セキュリティレベル:
  • ・警備員による24時間体制の入退室管理
  • ・カードキーを使った入退室コントロール
  • ・監視カメラによるセンター内の監視
空調設備・多重HVAC
[Air Conditioning]
完全な冗長構成を備えた空調設備により常にシステムに最適な温度を保っています。
耐震耐火構造
[Quake/FireProof]
新耐震設計法に基づいた設計で震度7レベルの地震にも耐える構造。
消火システムには窒素系ガスを使用しておりますので、消火システムが作動してもお客様のシステムが水に浸かることはありません。
電力設備・UPS
[Electricity]
データセンター用の建物には電力会社からの複数系統の受電体制を確保しているほか、非常用発電機、バッテリーを備えています。
万が一の停電に備えて、設置されている非常用発電機は、備蓄燃料で24時間連続運転が可能です。

ページのトップに戻る

グローバルフォルダー
グローバルフォルダーとは
セキュリティ対策
主な利用シーン
動作環境
ご利用コース・トライアル申し込み
お申し込みフロー
お申し込み・お問い合わせ
  • 資料ダウンロード
  • イベント・セミナー
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    052-931-3624

    Webでのお問い合わせはこちら

    お申し込み・お問い合わせ